スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『 15才の君へ 』 篇

コレは…卑怯だ…

 
今日、横目でTVを見ていて、ふと流れてきたTVCMを見ました。


それはちょうど、60秒バージョンのもので…

思わず目を止めて…
見入って…
泣いた…

なんか…はじめの15秒で、ぶわって涙が溢れてきました。


インフラ企業の企業広告ですので
関西地方限定でしか流れていないと思います。

ここで見られます。見てください。

関西電力・企業イメージ広告 『 15才の君へ 』 篇
http://www.kepco.co.jp/media/cm/index_3.html

ぜひ60秒バージョンを^^


毎年のように、この時期になると繰り返し流されるいろいろな映像は
私の涙腺のツボを的確について…
泣いてしまうことが多いんですが…

あの時、我が家は食器が落ちたくらいで甚大な被害もなかったけど
電気は止まり…ガスも止まり…

そう、このCMのとおり…
電気が通ったときは、思わず歓声をあげてました。



企業広告として、
コレはとてもイメージアップになるし
インフラ企業としての矜持を示す良い広告だと思います。

某生命保険会社の小田和正さんの 『 言葉にできない 』 シリーズCM と
双璧になるかもしれない。



でも、この手のCMは…卑怯!!(笑)

| CM | 19:59 | comments(0) | - |

CM考

リッチでないのに リッチな世界など分かりません。
ハッピーでないのに ハッピーな世界など描けません。
夢がないのに 夢を売ることなどは…とても…

…嘘をついてもばれるものです




先日書いたCM日記の関連で、ゆうつべで古いCMを何本も見ました。

昔、漠然とデザインに興味を持った頃から、
ちゃんとグラフィックデザインを学んでいたときも、
それ以降も…CM関係は常に興味の対象でした。

好きなCMも多かった。
わざわざ気に入ったCMを集めてビデオを作ったりもしていました。

その頃に知ったCMディレクター・杉山登志さん。
この本も持っています。

代表作は
『モービル石油 旅立ち』



私の好きなのは
『資生堂シフォネット 図書館』



今、見るとこの頃のCMが黄金期だったのだと思います。

売ることを重視せず、イメージだけのために
莫大なお金と時間と才能をかけれる…余裕のあった時代。

杉山登志さんは
天才の名を欲しいままにし…CM界に君臨し…
数多のCMを製作し…あふれるほどの名誉と名声を得…
37歳で自宅で首吊り自殺した。

一番初めの文章は、そのとき書き殴られたメモに残された言葉です。

この言葉を知った時
自分の縊死までコピーライターとして表現できる人だったんだ…
妙に感心したのを覚えています。

| CM | 22:34 | comments(0) | - |

ローヤル^^

前回書いたサントリーのCMですが
『ガウディ篇』とか『マーラー篇』バージョンもあります。

ガウディ篇はランボー篇と同様に
凄まじいまでの歪んだ美意識に彩られた魅惑的な世界観。


『 サントリーウイスキー ローヤル 』



http://www.youtube.com/watch?v=NSlVsnMbZ48

『ガウディ篇』はもちろん、

あの鬼才…アントニオ・ガウディ!

バルセロナのサグラダ・ファミリア教会を作り始めた人です。

…空間恐怖症?直線嫌悪??

全てを覆い尽くす、生き物のようなフォルムと
不安を覚えるような曲線使いに
『美』より『醜』を感じました。

アールヌーボーの優美な曲線はすきなのですが
ガウディの曲線は生なましい…アメーバーのようでした。

でも、はじめてバルセロナに行ってガウディの作品に相対した時
どことなくユーモラスで温かみがあって…生命賛美を感じて

実物を観て、ガウディも好きになりました^^


『マーラー篇』は、ちょっと違うアプローチ。

音楽家だから音と映像の融合のようなCMです。


グスタフ・マーラーもある意味私にはツボな人物(笑)

『ベニスに死す』
ルキノ・ヴィスコンティ監督の秀作の主人公のモデルで
映画にもマーラーの5番が使用されています。

お耽美好きなら避けて通れない映画(笑)


どちらにしても…
本当に、この頃のCMはすごい!!

| CM | 00:34 | comments(0) | - |

ランボー

ランボーと言っても、あのスタローンのゴリラのような人間の方ではなく…

ジャン・ニコラ・アルチュール・ランボー
Jean Nicolas Arthur Rimbaud


前回、ヴェルレーヌの詩のことを書いた。
ヴェルレーヌといえばランボー…


一時期、若き日の情熱でランボーに傾倒しました。

もともと耽美好き…(笑)

海外の詩人・作家には耽美とデカダンを地で行く人生を歩む人が多いです。
ランボー…オスカー・ワイルド…ロード・バイロン…


ランボーの生き方…
16歳で世を震撼させる詩を書き
17歳でヴェルレーヌと出会い…籠絡。妻子を捨てたヴェルレーヌと欧州を放浪。
19歳で別れ話の痴話喧嘩からヴェルレーヌはランボーを拳銃で撃つ。
撃ち抜かれた手の傷を抱えたまま、『地獄の季節』を書き上げる。
21歳で筆を折り…エチオピアの武器商人になる。
37歳で骨肉腫で両足を切断し、死す。

はじめて
小林秀雄訳の『地獄の季節』を読んだ時の衝撃!

文学への絶縁状といわれる…散文詩。

人のうらやむような…あふれる才能を惜しげもなく投げ捨てる。
そんなものは、大したものではないように…。

生まれながらにして与えられたものは…彼にとって重要なものではなかったのだろう。
人がそれをなんと思おうと…。

そして…もう一つ、彼に与えられていたもの。

美貌!



『早熟の天才』は『夭折』しなければならなかったのかもしれない…。
若き天才が…白日に晒されて…時に削られて…凡庸な存在に堕ちていくことは
プライドが許さなかったのかも知れない…。

だから彼は自ら、詩人としての『生命』を絶ったのかも…。


ランボーのことを語るとき、いつも思い出すCMがあります。



『 サントリーウイスキー ローヤル 』のランボー篇


凄まじいまでの歪んだ美意識に彩られた魅惑的な世界観。

サントリーといい資生堂といい…この頃の日本のCMは凄かった。

| CM | 21:20 | comments(0) | - |

関電・サンウエーブ ★

CMネタです^^

2007.09.28でもご紹介した『関電SOS 番犬篇』の続編

『関電SOS プードル篇』
http://www.kepco.co.jp/media/cm/index_2.html

関西電力グループなんで、関西限定^^
相変わらずかわいい着ぐるみCM。
番犬くん(たぶん柴犬^^)にプードルの彼女が出来た模様。

番犬くん役の鈴木宗太郎くん、ちょびっと大きくなりましたね(笑)

番犬くんは
細かく動く耳とかブンブン振ってる尻尾とか可動領域がたくさんあって、
もっちりした腕とかむっちりした太ももとか作りこんだ感じなんですが
彼女のプードルちゃんのほうは
ふつうに、よくあるような着ぐるみにリボンが付いただけ…のような

“かわいさ”に差をつけてませんか(笑)


で、同じようなパターンのCM

システムキッチンの『サンウエーブ』の 『サンヴァリエ・ピット』

フルモデルチェンジに伴い、新作登場!
まだ公式HPに新作CMがうpされてませんので、旧作のほうをご紹介^^

『サンヴァリエ・ピット「パタパタ・カンガルー」篇』
http://www.sunwave.co.jp/gallery/cm.html

こちらはカンガルーです^^

ブンブン振ってる大きな尻尾とぴょんこぴょんこ跳ねる動き。
ドラえもんのポケットのように何でも出てくる、おなかの大きな袋。

とっても有袋類(笑)
テラかわいいぃぃぃぃ〜!!

こちらも、新作では2匹出てきます^^

旧作は2006年作なんで、
動物着ぐるみ子供CMとしては、関電よりはこちらが先だったんですね。

突発的に『小形キッチンコンロのリコール告知CM』が入ったので
このCMはあまり放映されてなかったようです。


どちらにしても
パクッたとは言いませんが…同じ広告代理店ですか(爆)

| CM | 23:00 | comments(0) | - |

じぇろ ‡

CMネタ〜^^
4・5日前からオンエアーされ始めたCM。

『キリン ファイア カフェゼロ』
http://www.beverage.co.jp/fire/zero.html

『海雪』でデビューした黒人演歌歌手“ジェロ”さんが
缶コーヒーの『カフェ“ゼロ”』のCMしています。

CM画像キレイです。
ジェロさん、モデルみたいです。
コーヒー缶のシルバーのダイヤカットを模した、背景の光の当て具合GJ。
シルバーの衣装にモノトーン基調の画像、黒い肌が映えて素敵です。



制作はD通かH報堂さんか知りませんが

「“ゼロ”…ねぇ。うぅ〜ん…ゼロ、ゼロ…ジェロ!…ジェロでCM!!」

担当者の頭の上で、その瞬間“ひらめき”が光ったのが目に見えるようです(笑)


このネタでCMのコラボとか出来そう^^

差し当たり同じキリンで
発泡酒『麒麟ZERO』… 

次は
『ペプシ ネックス カロリーゼロ』か『コカコーラ ゼロ』
『アクエリアス ゼロ』
飲料系は全部同じパターンでいけそう^^

それから
カロリーゼロの『パルスイート』に、敷金・礼金ゼロの『アパマンショップ』

究極は『ゼロの使い魔』(笑) ←こんなん、どうやってCMするねん!

みぃ〜んな、“ジェロ”に「ゼロ!」と言わせる(爆)


BGMはもちろんジェロの歌うド演歌で!

…てか、ジェロさんの『氷雨』…上手すぐる。

| CM | 23:59 | comments(0) | - |

白戸家 ‡

もうホント、ツッコミどころ満載なCM。

ここで突っ込むのは
2007.09.25、2007.12.23、2008.03.26 に続いて4回目!
新CMごとに突っ込んでる(笑)

『白戸家「同窓会」篇』
http://mb.softbank.jp/mb/campaign/3G/cm/

そうだったのか!
熱血教師の白戸家・父(犬)は…

“犬になった” のか!!

…ということは、高校生のときは“人間の姿”だったんだ。

いつ変わったんだぁ?
なぜ変わったんだぁ??
どうやって変わったんだぁ???

ということは、
ソフトバンクショップで働く白戸家・娘の上戸彩も
いずれ犬に変身する可能性があるのか(笑)

「ただ友」だから通話無料かもしれんが
父(犬)の手でどうやって携帯のちっこい番号を押すんだろうか?

肉球で押したら、いっきょに全ボタン♪

それにしても白戸家おそるべし!
カオスな家庭だ^^



てな事を書いてる横目で『ごくせん』を見ている。

「本城のおやじさんがいなくなったって聞いたから…」
って、後から本城豆腐店に駆けつけるクラスメート。

すかさず、TV画面に突っ込む私(笑)

あんたら、誰から聞いたんだ!



このツッコミ体質をどうにかしたい(爆)

| CM | 22:44 | comments(0) | - |

同時通訳ケータイ 20XX年 ‡

好きだったCM^^

一昨日もネタにした

TVで「KA●−TUN」さんの新曲
『DON'T U EVER STOP』のPVを見て、思い出したCM。
新曲のPV→ http://jp.youtube.com/watch?v=nWEpPt0xpvs

「KA●−TUN」 Docomo CM
2007年 夏・放映分 『ぼくたちの自由編』



このCM好きだったんですよね^^
世界観とか映像の作り方とかが似てません?

新曲のPVの時のA氏の髪型、エクステばりばりで無造作にくくったロン毛。
何気にツボです。

…でも
『大王四神記』のYさまの髪型とかぶって見える(笑)

| CM | 22:28 | comments(0) | - |

身を粉にして †

最近、よく流れているCM。

キリン 午後の紅茶 「入社式」篇
http://www.beverage.co.jp/product/cm/gogo/

蒼井優ちゃんが入社式で新入社員挨拶を読み上げるってやつ^^

その時の挨拶文

『私たちは、身を粉にして働く所存ですが…』

なんか…
私的にはとっても違和感が…

『身を粉にして働く所存』
政治家が選挙の時によく言う台詞(笑)

胡散臭くねぇ?


新入社員が
“私たちは”とか“身を粉にして”とか言っても

「…んなことは、思ってねぇだろぉ〜」と

「マジでそう思ってるんなら、それはそれで怖いぞぉ〜」と

ツッコミたくなる私って、根性が曲がってる??(爆)



| CM | 23:59 | comments(0) | - |

白戸家の父 Ψ

久々にCMネタ♪

ここでつっ込むのも
2007.09.25、2007.12.23 に続いて3回目?

不条理な『白戸家』(笑)

ますます、バージョンアップして話がふくらみ
個々のキャラ立ちまで出てきてます。

今回は

『白戸家「校長」篇』
http://mb.softbank.jp/mb/special/TheWhites/cm.html#f_gallery

以前から、父(犬)が高校の熱血教師なのはわかっていましたが

母(人間)まで教師だったとは…

それも、校長先生!
それも、同じ高校の!!

…そうか
父(犬)と母(人間)の勤めているのは、私立高校だったのね^^

公立高校では、夫婦が同じ学校なんてありえませんから。

いやぁ、いまどき私立でもよほどのコネがないと
同じ学校で校長と教師ってのはありえませんけど…。

ひょっとすると
母方の祖母とかで、理事長(猫)が出てきたりして(笑)


…って
こんな不条理家族のことを、マジで推察してどうする!(爆)

| CM | 21:22 | comments(0) | - |

<< | 2/3PAGES | >>