スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

観劇予定 ◇

今日の天気は何!

昨日の夜更かし&コンタクトを入れたまま忘れて寝た影響で、
外に出た途端、クラクラ…。

地面の照り返しまで眩しい。
ず〜っとサングラスでいました。

夏はきらいだ!


で、久々のライフネタかな。

芳樹さんの 『サド侯爵夫人』 のチケット

アトリエ・ダンカンさんから会員先行予約受付の案内メール。
ライフのほうでも会員チケット先行予約受付。
ライフの方でチケを取ってもらうことにしました。

実は11月分の観劇…。
サドさんのことをコロッと忘れてました。

先日カード会社の特別先行予約があって…それも抽選じゃないの!
11月の観劇として
蜷川さんの『から騒ぎ』のチケットを取ってしまったんですよね〜。

観劇は月1回っていう自主規制が…崩壊?!

ま、今のとこ10月分に予定を入れてないので…
『サド侯爵夫人』は10月分♪ってことにしておこう^^

アトリエ・ダンカンさんといえば
2009年1月公演…ライフの松本くんが客演するみたいですが
どうせ、大阪公演がないからって軽くスルー。

今回のことでダンカンさんのHPでチラッと見てたら
『風が強く吹いてる』
…原作があの『月魚』の三浦しをんさん。

で…出演者
黄川田将也…ライダー
和田正人…テニプリ
佐藤智仁…ライダー
高木万平…レンジャー

ふんふん、ハンサム揃えたのね〜

荒木宏文…? …あらやん??

やぁ〜〜〜〜ん!! 理央さまぁ!!

…ご出演ですか?

俄然、観たくなってきた現金なやつ^^(笑)


あ ミッドサマーナイツドリーム ★

ライフの舞台に関しては、
いちファンで、冷静な感想が書けそうにないので
【感想】のカテゴリーじゃなく“Studio Life”のカテゴリーで書きます^^


『夏の夜の夢』

ダブルキャストの2ステージ堪能してまいりました。

純粋に楽しかった!

なんのかんの言ってても、やっぱり私は
この劇団が…

山本芳樹がすきだぁぁぁ!!

…ということを再確認してまいりました。


以上、感想^^




で、終わるつもりでしたが…
ま、そこら辺は私…つっこみナシでは終われません(笑)

私は大阪だけしか観ておりませんが
やはり大阪の土地の持つ異常な磁場のせいか
劇団員のテンションの高いこと!
そして、それを見切って、のせていく大阪の客の盛り上げ上手^^

喜劇とわかって観ているから、“笑い”に貪欲。
細かいボケもこぼさず拾って笑う。
多少さぶめな仕込みのネタも笑ってあげる。
アクシデントは逃さず笑い飛ばす。
アドリブは反応良く笑う。

笑うときは、しっかり笑う。
気に入った時は声を上げて笑う。
ツボに入って受けた時は、手をたたいて笑う。

吉本新喜劇で鍛え上げた笑いに対する反射神経、ここにあり!

私なんか2回目に観た時は
しょっぱなの、暗闇の中でライトが動くシーンのオカリナ(?)独奏者の
ワンフレーズを吹き終った後に必ず入る呼吸音に笑いそうになりましたモン。
                      ↑ある意味、失礼なやつ^^


しかし、皆さんどんだけ、リピして観てるんですか?

音楽が始まると
誰が指揮してんだ?…ってくらい、一音目からしっかりと入る手拍子。

次の曲は手拍子つける曲、ココではいる!って
ちゃんとわかってらっしゃる(笑)


久しぶりにきた大阪だからか
女性客一色だった客層のなかにちらほらと異質感。
1日目は、ネクタイ・スーツ姿の中年男性のグループが何組か
2日目は、ロマンスグレーの夫婦とか…
若い男の子の姿も目立ってましたね。

関係者・親戚かな?
それともシェークスピアの有名作だから、一般客も入りやすかった?

久しぶりの地方公演としては良い演目だったです。
一般的にもとっつきやすくて、食いつきやすい有名な喜劇ですもんね。
だからこそ、短いスパンでの再演になったんでしょうけど。


2日間とも通路の小芝居も観やすい座席位置でしたので
間近で役者さんの姿も堪能しました。

ただ、通路使いすぎっしょ。
暗転とかセットチェンジのために
舞台から観客の視線を外そうという理由で通路を使う手段は納得しますが
理由もなく、あまりに通路を多用すると観ている方がウロウロします。

観やすい座席の客だけではないですし
前半分の席だと後ろを振り向かないと観られません。

観客との一体感を演出する手段としてはいいと思いますが
厳選して使うほうが効果的だと思うのですが…。



舞台挨拶で役者さんが皆さん言っていましたが
やはり2年間のブランクは大きかったです。

大手プロダクションを離れて自主公演で地方を回るためには
2年の歳月が必要だったので、劇団としても心苦しかったんでしょう。
…わかります。

でも、継続してこそ開ける道もあります。
やはり無理をしても毎年来るべきです。

舞台上で皆さんが言葉にして下さったように
また、次の公演をお待ちしています。

出来れば…
最盛期のように、年2回の大阪公演を…理想ですが^^



梅雨の晴れ間の夜の夢 ★

はいはい、ライフねたっす^^

二日目も行ってきました、どらましちーのアテネの森。

今日は朝から忙しかった。
2レンチャンで外出するためのしわ寄せ&ルーティンのダンスレッスン。

嗚呼…眠い。
今日は感想も何もかもゆるしてぇ〜寝る!

夏の夜の夢 ★

マジでひっさびっさ〜なライフねたです^^

行ってまいりました、どらましちー。
観てまいりました、劇団Studio Lifeの自信作。

しぇーくすぴあちゃんの 『夏の夜の夢』

二年ぶりの大阪公演!
…って、舞台挨拶の役者さんたちもみんな言ってましたね〜。

舞台の感想は、後日追い追い書く…と思う(笑)


で、
今日の収穫!

“豆の花”の三上さんがモロこのみ〜^^
ゴス・パンクな雰囲気がすごいかわいい!!

髪型も自然で、パンキッシュなメイクもかわゆし。
衣装もスレンダーな肢体に良く似合ってました。

なんか『NANA』に出てきそうなかんじ^^


かわいいっ!っと思ったお洋服…

マニアなもんで、すぐにネットの海へダイブ!
発見!無事引き揚げ成功^^

豆の花ちゃんのお気に入りのスカートはたぶんこれ↓



定価ごっきゅー、やふおくでさんごー…意外と安っ…(笑)

最初、ゴスロリ・ブランド物かと思って
お気にのブランド…
『miho matsuda』とか『h.NAOTO』『ALGONQUINS』を探し回りましたわ^^

さぁ、また明日
劇場で確認してきます^^…って何しに行くんだ(爆)

メイド@よっちゃん ‡

2008.04.13と2008.05.07に書いていた
アトリエ・ダンカンプロデュース公演

『サド侯爵夫人』 ネタ、続報^^

ネットサーフィン中に配役の続報を知る。

サド侯爵夫人・ルネ役の篠井英介さんと
モントルイユ夫人・ルネの母役の加納幸和さん以外の配役は

サン・フォン伯爵夫人に天宮良さん
シミアーヌ男爵夫人に石井正則さん
アンヌ・ルネの妹に小林高鹿さん

そして、我らが山本芳樹は“召使シャルロット”!
庶民・プロレタリア(労働者)を体現するシャルロット。

三幕共に満遍なく出演機会がありますね。
シャルロットはある種の狂言回し役に近いかな?


む〜ん…
ロココなドレス姿の、
気位の高い貴婦人の役を期待したんですが。

あ!
でも、メイドさん役 だぁぁぁ!!

フランス革命前後なので、
一般的なメイド服、『エマ』の時代のヴィクトリアン・メイドの衣装じゃないです。
もちろん現代のぺらぺらのメイド喫茶ユニフォームとしてのメイド服とも違う。

この時代の召使いって、どんな衣装だったんでしょう?
『ベルバラ』時代だから…
ナイトキャップみたいな帽子に、布の肩掛け?

…かわいくねぇ…かも(笑)


日程も出てきましたね〜。

東京公演 2008年10月17日(金)〜26日(日)東京グローブ座
松本公演 2008年11月12日(水)まつもと市民芸術館 主ホール
水戸公演 2008年11月23日(日)水戸芸術館 ACM劇場
北九州公演 2008年11月02日(日)北九州芸術劇場 中劇場
大阪公演 2008年11月06日(木)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
金沢公演 2008年11月17日(月)金沢市文化ホール
富山公演 2008年11月18日(火)富山県民会館
新潟公演 2008年11月20日(木)りゅーとぴあ新潟市民芸術館・劇場
名古屋公演 2008年11月27日(木)名古屋市青少年文化センター


この日程だと、年末のライフの舞台出演も絶望的ですね。
いえ、もちろん観に行けませんから、いいんですけどね^^

まーじなる ‡

ひっさびさ、劇団としてのライフネタです。


『夏の夜の夢』
東京公演は終わって、昨日今日と名古屋公演ですね。
大阪公演2daysはもちろん観に行きます。

でも、なんか自分の中で、盛り上がらない。
あんなに楽しみにしていた、2年間待ちに待った大阪公演なのに…。

たぶん、観たら…
ぎゃぉぉぉお!ってテンションで叫んでいそうな気もしますが^^


てな訳で、当然
地方公演がなくて観れない『マージナル』のことはアウトオブ眼中。

最優先のお知らせも来ない身なんで
ブログめぐりでかろうじてキャストを知る。

オフィHPでも詳細を発表するというくらいの
一般ファンに対する対応があってもいいと思うけど…
ファンクラブ会員以外のファンはどうでもいいのかな。

ファンクラブ会員と一般売りのチケ割合ってどうなんだろう?
ちょっと気になる。
まあ、絶対の企業秘密だろうけど。


なにはともあれ
笠原さん、ご出演おめでとうございます。
『DRACULA』以来2年4ヶ月ぶりの舞台ですね。

舟見さん、復帰おめでとうございます。

高根さんのキャスティング発表後に急遽降板連絡とか…
  ↑またもや“理由”を明確にしていない降板なんですね。
   この手の降板の場合、高根さん側に明確な理由があるはずなんですがね。
   考えられる“理由”…
   ※他においしい外部出演の話が降ってきた。 
   ※他の事務所に移籍
   ※俳優に見切りをつけて退団
   ※病気で休団
   ※副業が忙しくて…とか。
   いずれ、明らかにされるんでしょうか?

何か、原作を2パターンに分けて、それをまたダブルキャストでやるとか…
  ↑詳しいことは知らないんですが
   どこまで、ファンクラブのリピにチケの売り上げを依存する気なんでしょう。
   最低でも4公演観ないと“公演を観た”と言う事にならないんですよね。
   
まあ、いろいろあるみたいですね。

観れないものにとって興味は半減なので
ふ〜ん、そうなの…ってくらいの反応しかありませんが。


結局、2年間のブランクは長かったということなんでしょう。

最後に見たときにフレッシュだった仲原さんが
大ちゃんのダブルになる…って、隔世の感ですもん。


所詮、それくらいのファンなんだね〜と言われてしまえば
そうなんですが…。

サド侯爵夫人 †

ひっさびさの、スタジオライフネタです^^

“山本芳樹語り”がしたいがためにはじめたブログだったはずが
いつの間にか話題の中心は、他のことに…

悪いのはライフさんですよ!

だって、地方公演がなければ舞台を観ることも出来ない
モチベーションもだだ下がりってもんでしょ。

でも、よ・う・や・く
ライフ日照りの日々も解消される^^

『夏の夜の夢』公演が17日から東京を皮切りに上演されようとする
今日という日に…

先ほど、友人からの驚異の情報!!


山本芳樹『サド公爵夫人』出演!!

http://www.duncan.co.jp/web/works/080901-sado.html



きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

みっ三島由紀夫さまよ〜
サド公爵夫人さまよ〜
オールメールよ〜

その上

全国公演 …詳細を待て!

待ちます!いつまでもお待ちしますとも!!



出演者の欄に名前が挙がっているのは6人。

貞淑なサド侯爵夫人・ルネに篠井英介さん。
道徳的なルネの母モントルイユ夫人は花組芝居の加納幸和さん。

他に
「アリtoキリギリス」の石井正則さん。
元「ナイロン100℃」の小林高鹿さん。
TVでもよくお見受けする天宮良さん。
そして
我らが山本芳樹^^

『サド公爵夫人』の他の主な役は
シミアーヌ男爵夫人
サン・フォン伯爵夫人
ルネの妹アンヌ
召使シャルロット

さて、よっちゃんはこの4人の中の誰を演じるんでしょう^^


どちらにしても 女役! 


それも ドレスよ!!


ああ…

久々に、萌え死んでしまいそう(爆)

笠原さん? Ψ

ライフネタです^^

お天気いい日の真っ昼間。用事をしていた。

テレビはいつも付けっぱなし。
でもたまたま、いつもはつけていないチャンネルのままでした。


『安宅家の人々』
平日13:30〜14:00の東海テレビ制作昼ドラマ

かの『嵐三部作』や、
たわしコロッケで有名な『牡丹と薔薇』を放映していた
ドロドロ昼ドラ枠です。

主人公は遠藤久美子さんと内田滋さん。

知的障害者という難しい役を、とてもかわいく演じている内田滋さん。
蜷川演出の『恋の骨折り損』で
姜くん@フランス王女の侍女・ロザラインを演じていた達者な方です。


で…
なじぇ、こんな話をし始めたかと言うと…

今日…
ン?どこかで聞いた声??と思って画面を注視すると

出ていらっしゃいました…

こんなとこで何してらっしゃるんですか…笠原さん!!

劇団スタジオライフの“看板役者”“王子”笠原浩夫さん!
           ↑役者紹介のリードに良く使われる語句(笑)

第51話 誘惑
http://www.tokai-tv.com/atakake_story/20080317_story_5625.php

上から5行目の
>オーナーの男は、約束もなく店にやって来た玉木を相手にせず、
>玉木の時代はもう終わったと罵倒する。

の“オーナー”役でした^^

内田滋さんがCUBE所属なので、その関係でご出演だったんでしょうか。


あなたの王子然とした雄姿を…ライフで観たいんですが。

マージナル Ψ

スタジオライフのネタです。

ちょッくら油断していたら…

『カリフォ』の舞台は始まってるし
次々回公演の演目も発表されてる!

まあ
大阪公演がないので、観劇はかる〜くスルーですが

『マージナル』 ですか?

う〜ん
萩尾せんせ作品。
SF…というか、SFの名を借りた異次元・人間ドラマ。
萩尾作品のSFに多い、独特の世界観。


『マージナル』…
“その全てが男性で構成されている、滅びかけて不毛な世界”
その中に
“『マザ』という、生み出すことの出来る唯一の存在”

ある意味、
スタジオ・ライフの現状に対する
オマージュ(もしくは…皮肉)のようにもおもえるのは
私だけ?


さて
また原作コミックの家捜しだわ。

笠原さん☆

スタジオライフのネタです。

いろんな方面から
笠原浩夫さんの動静を知る。

ファントマの舞台『イエス斬り捨て』にご出演!
…と発表があったと思ったら、間髪いれず降板報告。

それも
「…先方の事情により降板することとなりました。
笠原氏 所属事務所よりの連絡を受け、緊急の事態ということで
私共としましても了承致しました。」との発表。

何があったんだぁ?
…と思ったら

G2の『ガマ王子vsザリガニ魔人』にご出演とか。

急性腰痛症の内田朝陽さんの代役だそうです。
ぎっくり腰ではそんなに長引かないでしょうから、ヘルニアなんでしょうか?

前回は伊藤英明さんがやっていた主役クラスの役です。
面白い舞台らしい。


む〜〜ん、見たい…かも。

でも、その数日前に、もう見る舞台の予定を入れているし…。


一応、舞台は「一ヶ月に1本しか行かない」という自主規制があります。
そうして“枷”をつくっておかないと、とめどなくなりそうなんで。

それでなくても
ライフの舞台は別枠扱いですから^^
コンプリートのためにマチ・ソワとか連チャンとかしましたから^^

…あきらめよう
…あきらめきれるか

せめて、あと1週間ずれていたら、
「次の月の前倒しね♪」という理由づけで
間違いなく行っただろうな。


笠原さん、『憑神』以来だしなぁ〜。


出来れば、ライフの笠原さんが見たいんだが…。


| 1/4PAGES | >>